10話3
      








きららジャンプ感ある
パウダースノーを、ボードでもスキーでもなくカブで攻めてるのが狂っているわけだがw
別にそんな露出が多いわけじゃないけどさっきまで上着で隠れてたと思うとなんかえっちに見える 
はんぶんこだーー!!!
全部食おうとしててワロタ
一緒に麻婆丼を・・・
間接キスしまくってるし、これもう肉体関係でしょ
食べたら再開だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
スーパーカブ、マジで最強の乗り物だろ… 
雪合戦でカブの後輪使って雪ぶっかける小熊さん、無法の境地 
BUKKAKEカブ…そういう性癖もあるのか!
スーパーカブすげえなぁ
雪の中でもカブがあれば楽しい pic.twitter.com/4P2KeOizEK
東京の雪じゃ絶対できねえな・・
ぜってえ楽しいわこんなん
カブって万能器だわ・・・
椎ちゃんのターン!
椎ちゃん~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!
イタリアの領土キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
テーブルクロスと椅子がイタリア化
椎ちゃんは確かに小さいし収容してお持ち帰りしたくなりますが
バイザーつけたのか
カブでは入れないショートカット
そんなしょっちゅう入り浸ってんの
小熊さん、夏はファン付き作業着とか着てそう
小熊さん、礼子さん以外とだと会話がろくに続かなそうなボールの投げ方するよね(礼子さんの知識量とコミュ力のお陰みたいなとこあるよ) 
悪い影響受けてそう
憧れない方が良いと思うよ
なんだこの不穏なモノローグは……
ちゃっかり携帯番号交換してるのか
pic.twitter.com/F1gG3dgtcq
やっぱり事故ってるじゃねーか!!!!
椎ちゃんが死んじゃう!!!!!!!!!!!!!!! 
こうなる気はしていたが、やはり…
県道から外れた道、こんな道だぞ pic.twitter.com/YrHuOSuqGJ
今日はみんな転倒する回だった
普通に119番が最初やろ
カブなら事故らなかった。自転車を捨てて今すぐカブに乗るべきという原作者のアツいメッセージを感じる。

放課後さいころ倶楽部ならネタだったのに… pic.twitter.com/8wxSOC7VPb
冬の山で死にかけるアニメは名作って言おうと思ったけどダイナミックコードも雪山で死にかけてたなと思い直した
小熊ちゃん、上着の羽織り方が男らし過ぎる…(笑)。あと1つの弁当を2人でちょっとずつ分け合いながら食べる光景が尊いのです。 pic.twitter.com/yd9uTahpke
スーパーカブ10話 感想
危ない遊びだ、これが車体の理解を深めるのだろう。バイクもチェーン、スパイクタイヤ並みに衝撃。持つべきは行きつけのカフェ。冬が絵になる作品。
TVアニメ「スーパーカブ」10話。最初と最後がめちゃくちゃ怖かったですね。寒さも忘れて楽しく転げ回る前半と、一気に肝を冷やす後半。雪と青空のコントラストとカフェ帰りの夜の暗さ。日の短さの雰囲気が出ていた一方で、その怖さが本気を出してきたようなラストです。
10話
一面の銀世界、カブを使った“大人”の“お子様遊び”。その青春に浸る愉快な雰囲気に対する、終盤の展開。
序盤から終始“事故るのでは”と薄氷を踏む感覚、そして不穏の回収… 楽しい想いの崩しは突然やってくる。その不安もまた日常。
冬の楽しさと怖さ、そのメッセージ性が響く1話。
pic.twitter.com/cFk2OAabLE
10話 雪景色をカブで駆ける青春な小熊と礼子が眩しい
防寒着を脱ぎ捨てる2人の姿に冬の寒さを凌ぐ程気持ちが高揚した熱が伝わってくる
2人がカブで活発に楽しむ姿が椎に影響を与えて親父さんも嬉しそうで、そんな喜びの広がり方が素敵だ
冬の楽しさから冬の危険を漂わす引きは心が冷える
pic.twitter.com/oMI8Z7TFT5


公式他